忍者ブログ
公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部のブログ ドイツより農業と若者の夢お届けしています
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
JAEC欧州支部
ブログ作製:
JAEC Europe
性別:
非公開
自己紹介:
ドイツのボンに事務所を構える公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部です。

本ブログはA.K.及びM.I.2名が執筆しています。今日はどちらが書いているかな?

本ブログについてはこちらを参照下さい。
バーコード
カウンター
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私達が生活する中でどのぐらいのお金が食費として使われるのでしょうね?

スイスの農業局が出版する冊子によれば、スイスでは収入の8%が食費として消化されているそうです。そして、1960年では、それが30%もあったとか。
随分と食費にかかるお金が浮いたものです。
みんな食べ物より生活雑貨を買うようになったのでしょうか?
それとも 皆がダイエットをはじめたのか!?

勿論そういうわけではありません。

これが何を意味するかと言うと、農産物が安くなったと言うことです。

農産物(食品)の値段が単純に下がり、生活経費の中で、食品の占める割合が小さくなったと言えます。

スイスの統計は50年前と比べているので、ちょっと極端過ぎる気もしますが、要は農家の所得が激減したと言う事ができるのです。

スイスと言えば国策で農業保護を明言しており、農作物が高く、実際に周辺国との食品の価格は大きく差があります。ジャガイモやリンゴの値段がドイツの2倍近くて驚いた事がありました。

しかし、スイス国内だけを見ても1992年には1リッターの牛乳が1.05フラン、小麦が1kgで1.08フランだったのに、2006年には牛乳1リットル0.65フラン、小麦は0.57にまで落ち込んでいます。
どんなに国策で農業を保護するって言ったってこれでは農家が食っていけるわけがありません。

そんな訳で、スイスは農家を守るために1992年にデカップリングと言う政策を打ち出しました。

これは、農業生産物の値段は下がるので(いろいろあって下げざるを得ないのですが・・・)、それとは別に農業者に補助金をあげましょうと言うものです。

それまでは、農作物を作ったら、その作物に対して補助金を出してきましたが、結局は作りすぎてしまったり、他国との国際競争力が低下してしまった為にスイス国内農業が弱体化する恐れがあったわけですね。

それでは、二束三文の農作物からの収入を補う補助金はどのように支払われるかと言うと、IP農業経営に対して払われることになったのです。

IP農業って言うのは統合農業とも呼び、環境保全型農業(循環型農業)ともいえますが、農場土壌の窒素の出納帳を付けて、地下水を汚染するほどの有機物を扱わない、そして必要以上の農薬を散布しない義務がある農業です(かなり簡略に説明しています)。

それをしないと補助金がもらえないので、スイスの農家さんは9割がIP農業をしています。

農作物の値段が下がって消費者は嬉しいし、人間は食べなくては死んでしまうわけですから、安いに越したことはありません。しかし、一方で農家の生活を本当に補償する為には、大規模農業をさせるか補助金を出してあげるかしなくてはなりません。でも、山岳地帯のスイスには大規模農業する土地がない。
(あ、日本みたい)

≪おまけ≫

何かを作るのには時間とお金がかかります。
同じくスイスの資料から、面白い統計を紹介しましょう。

1時間働くとビックマック何個買えるか?
USA ニューヨーク・・・5個
スイス チューリッヒ・・・4個
ドイツ ミュンヘン・・・3.5個
フランス パリ・・・2.9個
イタリア ローマ・・・2.4
チェコ プラハ・・・1.5個
アルゼンチン ブエノスアイレス・・・1.1個
ケニア ナイロビ・・・0.5個

世界平均では1個のビックマックを食べる為に35分働かなくてはいけないそうです。
ちなみに、ビックマックの値段は、おそらくその国の物価で計算されているのだと思います。

因みにお米(国際基準額)で比べると、
チューリッヒ・・・12kg
ニューヨーク・・・7.5kg
パリ・・・4.5kg
プラハ・・・4.2kg
ミュンヘン・・・4.1kg
ローマ・・・3.2kg
ブエノスアイレス・・・2.5kg
ナイロビ・・・1.8kg

となっています。

スイスはやっぱり労働賃金の高い国ですね!!(A.K.)

ブログランキング・にほんブログ村へ

皆さんのクリックがブログ更新の糧です。
ありがとうございます!
PR

今日の新聞を見ていて。

来年2009年の元旦には世界の人口は67億5000万人を超えるそうです。正確には6,751,643,600人という事です。
これはドイツのDSW(ドイツ世界人口協会)の調べによるらしいのですが、2008年中に世界中で82,000,000人増えたという事です。
8200万人は、ほぼドイツの人口に匹敵します。世界にはまだ人が入るスペースがあるのですね。

それにしても、世界各地に散らばって、一度に全員目にすることのない人々なのに数字を見るだけで息苦しくなってくるようです。


ということで、2009年を前にクリスマスで浮かれる心を湿らせる天文学的数字を紹介してしまいました。

いずれにしても皆さん、

メリークリスマス。

banner_03.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ
あなたのところにもサンタクロースはやってきますか?
皆さんのクリックが私どものプレゼントでございます。

Thank you very much for all in 2008!!

今、1ユーロ134円台突入です。
サブプライム問題の影響は果てしないですね。底の無い谷のようです。

連日の報道の通りドイツでも悪影響が広がっており、今日の新聞によるとメルケル首相は、銀行の利子引き下げを進め、それでも駄目ならば第2第3の手段として公的資金を注入したり、場合によっては銀行の国営化の可能性も考えていく必要があるかもしれないということです。

日本の銀行は低金利でずっとやってきていましたが、ここに来てついにドイツも低金利時代突入でしょうか…。

恐ろしいのはこの数週間で凄まじい円高が進んでいることですが、とても数ヶ月前まで1ユーロ170円台に迫る勢いがあったとは思えません。日経平均株価が9000円台を割った事もとても信じられません。

果たして明日の経済は?各国の早急な対応に掛かっています。(A.K.)

banner_03.gifブログランキング・にほんブログ村へ
果たして明日のアグトレランキングは?皆さんのクリックに掛かっています。
earth-a4.jpg地球の寿命はあと何年???

いきなり何だと言うタイトルですが、1947年からアメリカの科学誌「原子力科学者会報」」(Bulletin of the Atomic Scientists)が表紙で発表している「世界終末時計」doomsday clock(直訳:最後の審判の日時計、別名を核の時計)、1992年から毎年旭硝子財団が実施しているアンケートに基づいて地球環境の悪化にともなって抱く、人類存続に対しての危機感を時計の針で表した「環境危機時計」が2008年現在指し示している「残り時間」です。どちらも12時(0時)を最終段階としており、終末時計は2002年の7分前からさらに進んで11時55分、環境危機時計は2007年から2分進んで過去最悪の9時33分をさしています。

この数値はそれぞれ各国の有識者、専門家に意見を聞いて分析したものだそうです。終末時計は冷戦終結以降は必ずしも核関連の動きだけではなく、世界のさまざまな紛争状況、さらには環境破壊による人類滅亡の危機なども考慮して針を進めたり戻したりしているようです。1947年に初めて発表されてから針が動いたのは18回。その間一番危なかったのが冷戦時代にアメリカとソ連がそれぞれ核実験に成功した1953年、(2分前)一番針が戻ったのはソ連が崩壊し、ユーゴスラビアが解体された1991年です。(17分前)一番戻っても12時少し前には変わりないんですね・・・。それでも、本当の時計と違って、針を戻すことができるのが救いといえるでしょうか・・・。

時計の針を戻すには具体的な安心材料が必要です。例えば、2002年に事実上無効化されてしまった弾道弾迎撃ミサイル制限条約をもう一度結びなおすとか、地球上の核兵器を宇宙のどこかへ隔離してしまうとか(到底無理ですが、例えばの話です)。

環境危機時計のほうは、排気ガスをできるだけ抑える、洗剤は使わない、紙の使用量を控える、レジ袋はもらわないなど日常生活で少し気を使えば、針は戻っていくような気がするのですが、どうでしょうか。それくらいではまにあわないでしょうか。もう20年近く前から似たような話が出続けている気がします・・。

「終末時計」の針が進んで終末が近づいていても、周りの日常はいきなり変わるわけではありません。目に見えない危機、目に見える危機・・・。

小さいころに蓮華畑で遊び、丘を転げ周り、川で魚を追いかけ、近くの森でたけのこをほったり、みかんをとったりした記憶。そんな記憶を自分の子供にも持ってほしいと思うのは贅沢なのでしょうか。(20数年後現在、ほぼ住宅地になりました。)
いつまでも緑の地球で平和に暮らし続けたいと思うのは贅沢なのでしょうか・・。

口幅ったいことを言うようですが、一人一人の力は小さくても、地球の住人全体で協力し合えば、この星のためにできることがまだきっとあるはずだと思うのです。

(MI)

ニュースソース: (朝日硝子財団HP 環境危機時計) 朝日硝子財団HP 環境危機時計


banner_03.gif ブログランキング・にほんブログ村へ
最後の最後まであきらめない。今日もクリック、ありがとうございます。

アグトレに参加しよう!
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]