忍者ブログ
公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部のブログ ドイツより農業と若者の夢お届けしています
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
JAEC欧州支部
ブログ作製:
JAEC Europe
性別:
非公開
自己紹介:
ドイツのボンに事務所を構える公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部です。

本ブログはA.K.及びM.I.2名が執筆しています。今日はどちらが書いているかな?

本ブログについてはこちらを参照下さい。
バーコード
カウンター
[121]  [120]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年の冬は数年ぶりにヨーロッパの冬らしい天気になりました。連日氷点下の世界。最初のほうこそ一面の銀世界に「雪が綺麗―」などと喜んでいたものの朝晩の冷え込みはもこもこに着膨れていても辛いものがあり、通勤バスを待つ10分が永遠に感じられるくらいです・・・。

そんな寒さを一番身近に感じているのはホームレスの人たちでしょう。冬はもともと路上生活者には厳しい季節ですが、今年はまた格別。今年に入ってからまだ10日ほどですがすでにドイツ全国で凍死者がでています。路上生活者にはアルコール依存症の人も多く、寒さを感じにくくなっています。意識不明になったり心臓が止まったりする、まさに死と隣り合わせの世界です。

こんな寒いときに家のない人はどこへ行くのでしょうか?

1) 市が保護してくれる。冬は定員数オーバーでもベッドを増やして対応しているとか。ただ、例えば70人で定員のところだと80人は入れられても90人以上はさすがに無理で先着順で断られるのもしばしばだとか。1泊から3ヶ月まで、「家がない」という証明書があれば誰でも宿泊できるそうです。

2) 家のある友人宅へ転がり込む。これは長期策にはなりませんね。

3) 路上生活を続ける。しかし上記のように身の危険があるため市のグループが今毎日寒い中寝袋1つで生活している人たちに毛布を配ったり、考え直して「市の宿泊施設」にはいるように毎日説得にあたっています。宿泊施設の入居拒否にはさまざまな理由があります。「一人がいいので共同部屋はいやだ」(原則2人で1部屋という施設が多いようです)「同居者がドラッグをやるのでいやだ」(ドラッグもアルコールも持ち込み禁止ですが、みなどうにかして持ちこんできてしまうようです)「市の世話になるなんてまっぴらだ」(路上生活者に一匹狼が多いのも事実です)

自分のポリシーというのは譲れないものでしょうが、命あってこそ色々言えると思うのですが・・・。寒さにこらえきれずに説得に応じる人は日に日に増えているとか。市のグループの説得が引き続き上手くいくように願ってやみません。

今日帰ることのできる「自分の家」があることがとても幸せなことなんだと気づいた記事でした。 (M.I.)

参照サイト

banner_03.gifブログランキング・にほんブログ村へ
いつも応援のクリック、ありがとうございます。

 

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アグトレに参加しよう!
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]