忍者ブログ
公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部のブログ ドイツより農業と若者の夢お届けしています
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
JAEC欧州支部
ブログ作製:
JAEC Europe
性別:
非公開
自己紹介:
ドイツのボンに事務所を構える公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部です。

本ブログはA.K.及びM.I.2名が執筆しています。今日はどちらが書いているかな?

本ブログについてはこちらを参照下さい。
バーコード
カウンター
[203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年5月1日からスイスでは牛乳生産枠(Milchquote、またはMilchkontingentierungというようです)が廃止になりました。つまり、どれだけ牛乳を生産、販売してもかまわないということです。移行期間は3年間、2012年までにはスイスの酪農家は牛乳を生産して、活発的に売るということに慣れていかなくてはなりません。

長年話題に上っていた生産枠の解除ですが、今回の結果に不満な酪農家も多いようです。というのは、全体的に過剰生産気味の牛乳、世界市場での価格低下、国内外消費者の買い渋り、・・・とマイナス要因が多いのに、生産制限を廃止すれば、過剰生産に歯止めが利かなくなり、さらに価格破壊が起きるのではないかという不安があるそうです。

平均20haの土地に14頭の乳牛、牛たちはよく肥えていて、カウベルを鳴らしながらのんびり草を食む。牛舎は清潔、かつ最上級の設備で整えられ、そこここの牛舎には増設の後が。一見して問題はなさそうですが、たいていの酪農家さんたちは副業なしではやっていけない状況だそうです・・・。来年の牛乳の配送先が決まっている酪農家はラッキーなほうで、それすらも当たり前ではなくなったとか・・・。今酪農家さんの半分は廃業の危機にあるそうです。前にドイツの酪農家の記事で似たような数字を目にしたような・・・。

現在スイスの牛乳生産者価格は、平均およそ60ラッペン(およそ40セント、日本円にして約60円)、ここNRW州の酪農家の生産者価格は下がる一方で現在およそ21セント。

これだけ見ると「なんだ、スイスは稼いでるじゃないか」、とお思いでしょうが、スイスは物価が高いのでこれでは生活補助でもないとやっていけない数字だそうです。ちなみに実際に国が所得保障を出してはいますが、農家さんの間ではそれでは不足だという声もあがっています。

現在の酪農家さんは「移行世代」と呼ばれているそうで、このままの経済危機が続いて廃業に追い込まれるか、危機を乗り越えて次の世代に牛舎を任せられるかはここ数年の政治、経済状況にかかっているといいます。

いずこも厳しい現状、なんとか打開策を見出してほしいですよね。 (M.I.)

参照記事:LZ Rheinland 28号(18-21ページ)



牛乳もチーズもヨーグルトも大好き!酪農家さんの明るい未来へ、クリックよろしくお願いいたします。

********アグトレ募集中!********
熱いぜ!アグトレ!

apply.png
農業を海外で勉強してみませんか?
案ずるより生むが易し!
まずは試しに資料請求からどうぞ!
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アグトレに参加しよう!
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]