忍者ブログ
公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部のブログ ドイツより農業と若者の夢お届けしています
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
JAEC欧州支部
ブログ作製:
JAEC Europe
性別:
非公開
自己紹介:
ドイツのボンに事務所を構える公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部です。

本ブログはA.K.及びM.I.2名が執筆しています。今日はどちらが書いているかな?

本ブログについてはこちらを参照下さい。
バーコード
カウンター
[207]  [206]  [205]  [204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [198]  [197
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドイツに、Byerische Jungbauernschaft(バイエルン農村青年連盟)という組織があります。
全国組織Landjugend(ドイツ農村青年連盟)の一角を担い、若き農業者のロビー活動の中心的役割を果たす組織です。農業の継続的発展(特に若い世代の活動において)を活動の主軸におき、地域農業と農村の活性化を目指しているわけですが、この組織の取組みでとりわけ有名なのが、カレンダーです。

毎年、Jungbäuerinnenkalenderという農村の若者達(特に若く美しい女性)をモチーフにしたセクシーカレンダーを作成しており、今年も2010年用のカレンダー作成に取り掛かっているようです。

試しに2009年バージョンをご覧になっていただけば分かるのですが、カレンダーは一月ずつ、スタイル抜群でセクシーな若き乙女達の写真で構成されています。

こちらは2008年バージョン→Jungbäuerinnenkalenderギャラリー2008

登場する女性達は普段農業に従事したり、農村に住んでいる普通の女の子たち。

本来真面目な組織である農村連盟がこのようなエロティックカレンダーを作成するのは何故でしょう?

言うところによれば、このカレンダープロジェクトは、農村青年の内面的に潜む可能性や自由さを開放することを目的としたキャンペーンだという事です。

「農家はいつもきつくて汚くて野暮ったい服装をしているなんて、言わせたくない!」

農村に生きる若々しく満ち足りた女性達が農業の素晴らしさをアピールする事で農業に対する間違った見識を正したいという思いもあります。

ああ、この見慣れた農業現場にさわやかに弾ける乙女達の素肌の何とまぶしい事でしょう!

同じようにオーストリアの農村連盟でも毎年セクシーカレンダーを製作しており、バイエルン農村青年連盟と提携しているようです。オーストリアの組織では、2001年の作成以来、毎年コンスタントに男性バージョン、女性バージョンを販売しています。

Jungbauernkalender(オーストリアバージョン2001年~2007年)

Jungbauernkalender(オーストリアバージョン2008年~2010年)


それにしても、一般の農家の女性がキャンペーンのために文字通り一肌脱いじゃうところが、農業に対する目線の違いなのでしょうか!?日本じゃまだちょっと考えられないですよね…。


気になる方もあるでしょうから、過去のカレンダーも御紹介しておきましょう。
ドイツ2006 Edition(Pro7のサイト)


Focus-onlineでも取り上げられています。
参加したモデル女性がその出来栄えと感想を語っています。
「いやらし過ぎず良い出来栄えで満足です」といっています。

こちらはYoutubeから。2010年の6人のモデル達です。

なお、カレンダーはホームページから購入も可能のようです。
仕事場の壁にお1ついかが? (A.K.)


ついでに応援のクリックも、お1ついかが??

********アグトレ募集中!********

今、農業が熱い!!

apply.png
農業を海外で勉強してみませんか?
案ずるより生むが易し!
まずは試しに資料請求からどうぞ!
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アグトレに参加しよう!
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]