忍者ブログ
公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部のブログ ドイツより農業と若者の夢お届けしています
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
JAEC欧州支部
ブログ作製:
JAEC Europe
性別:
非公開
自己紹介:
ドイツのボンに事務所を構える公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部です。

本ブログはA.K.及びM.I.2名が執筆しています。今日はどちらが書いているかな?

本ブログについてはこちらを参照下さい。
バーコード
カウンター
[134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先だってはベルリンで開催された「国際緑の週間」について少し触れましたが、今回はさらに大規模な「パリ農業国際見本市(SIA)」をご紹介します。

開催は毎年2月下旬から3月。今年は2月21日(土)から3月1日(日)までとなっています。コンセプトはベルリンと一緒。「一般の人にも農業をわかりやすく」楽しんでもらおうということで連日自由参加のイベントなどが目白押しです。

現在かつてのベルリンにとってかわって欧州最大規模、展示側は畜産、園芸、食品、職業訓練、地域開発、環境保全、商品流通・・・などさまざまな視点から「農」に関わる人たちです。家畜、ペット展示場で動物に触れてみるもよし、農産物が食卓にのぼるまでを追いかけてもよし、フランスの郷土料理、および世界各国の特産物を味わうもまたよし。 1000件を越すブースを訪れる訪問者数は今年も60万人以上が見込まれています。 27日はスペシャルデーとして普段は19時までの開催を夜の23時まで延長するそうです。この機会をぜひお見逃しなく。

公式HP(英語)

もっと専門的なほうがいいという皆さんには同時期に(2/22~2/26)開催されるパリ国際アグリビジネスショー「SIMA」がお勧めです。一般入場はできませんが、世界40カ国から1350の企業の出店が予定されていて今年も世界各国から20万人以上の専門家たちの来訪が見込まれています。農業機械の展示など見ごたえ十分との評判です。

公式HP(英語)
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
日本は今日節分ですね。福を呼び込む豆代わりにクリックひとつ、お願いします。 (M.I.)

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アグトレに参加しよう!
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]