忍者ブログ
公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部のブログ ドイツより農業と若者の夢お届けしています
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
JAEC欧州支部
ブログ作製:
JAEC Europe
性別:
非公開
自己紹介:
ドイツのボンに事務所を構える公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部です。

本ブログはA.K.及びM.I.2名が執筆しています。今日はどちらが書いているかな?

本ブログについてはこちらを参照下さい。
バーコード
カウンター
[161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

皆さんには、一人ぼっちの時間がありますか?

たった一人、あとは風景があるだけ。

都会に暮らせば、どんなに人気がないところでも何となく人の気配を感じたり、アパートの部屋に帰っても隣人の生活音が聞こえてきたり、気分転換で出かけた公園で誰かにであったり、意外と全くの一人ぼっちの状況というのはありません。

まして、仮に一人になってもテレビやラジオ、MP3プレーヤーやパソコン、携帯電話でいくらでも外部と繋がったり自分の気に入った環境を作ったりできます。
そういった意味では、現代人には一人ぼっちの時間は望んで作らない限りなかなか手に入れられないものかもしれません。

わざわざ一人ぼっちになろうなんて、ちょっと普通じゃないかもしれませんが、プチ断食ってものが流行る時代、プチ孤独もありではないかと思いました。

そして、春こそそれが相応しい季節ではないでしょうか。

具体的には、自然の中で言葉を発さず、自分以外の動物は無く、このまま自分は植物になってしまうのではないかという状況を作るのです。
しばらくすると、空気の微かな動きが産毛に感じられ、地面から上ってくる湿気を鼻に感じるかもしれません。
地面に耳を寄せると、本当に小さな音が聞こえるかもしれません。目に見えない蟲たちが、命を爆発させる音です。
蕾だった花が数十分後に満開になるその過程を見守る事だってできるかもしれません。
私たちの見えない世界に気が付くかもしれません。

現代人がなかなか手に入れられないもの、それは、自分の時間です。何かに使わなくちゃと急かされる「Time is Money」のTimeとは異質な「空っぽで充実した時間」がなかなか手に入りません。

プチ孤独は、自分が日常的に持っている一人の世界とは違う、自分がいなくても回っている世界を感じるためにとっても役に立つと思うのですが、どうでしょうか?

イヤホンを外して足元の土に耳をつけてみましょう。
きっと春の足音が聞こえてくるはずです。 (A.K.)



さあ、早速パソコンをシャットダウンして春の太陽の下へ!
その前に応援のクリックも忘れずに・・・
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アグトレに参加しよう!
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]