忍者ブログ
公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部のブログ ドイツより農業と若者の夢お届けしています
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
JAEC欧州支部
ブログ作製:
JAEC Europe
性別:
非公開
自己紹介:
ドイツのボンに事務所を構える公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部です。

本ブログはA.K.及びM.I.2名が執筆しています。今日はどちらが書いているかな?

本ブログについてはこちらを参照下さい。
バーコード
カウンター
[250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週の金曜日、領事館からこんなお知らせが回ってきました。

「NRW州刑事局(LKA)によれば、26日午後8時20分頃、アーヘンの刑務所から殺人等による囚人2名(50歳男・46歳男)が脱獄し、タクシー運転手を脅してケルン中央駅付近まで逃走し、そこで同運転手を解放したものの、引き続き現在も逃走中とのことです。テレビ等の報道にご注意いただくとともに、十分に警戒されるようお願い致します。」

一見ほがらなかなおじさん二人ですが、大変凶悪なので近づかないように、決してヒーローになろうとせず速やかに警察に連絡するように勧告が出ています。

速報の一部です

脱獄囚は看守をナイフのようなもので襲い、刑務所を出たとのことです。 凶暴と名高い二人にそんな武器のようなものを携帯させるはずがないので、誰か協力者がいたのではないかといわれています。実際に看守の一人は共犯者として現在拘留中です。

近隣都市、近隣諸国、駅や空港にもパトロールが巡回し、厳しいチェックが行われましたが、犯人二人は第一段階の捜査網をなんなく突破したようです。

顔が知れているから、見つかったらそれまでだと思うのですが・・・。変装でもしてるんでしょうか・・・。某日本の逃亡犯のように整形手術するには日が浅すぎますし・・・。

脱獄囚の一人、50歳のM.H.は昨日故郷のケルン近郊で捕まりましたが、一緒に逃げていた46歳のP.M.の足取りは依然掴めていません。・・・といっても一緒に行動していたので、M.H.が供述すればわかるはずですが・・・。 現在警察はP.M.に自主を呼びかけています。警備が頑丈な重犯罪者専用の刑務所で一体なぜこんな事態になったのかは理解に苦しみますが、一刻も早く犯人があきらめてくれることを祈っています。

人気のない道、特に夜道は若いお嬢さんだけでなく、男子もちゃんと注意してくださいね。ちなみにドイツは日本と同じ110番ですが、スイス、オランダ、デンマークは112番、消防関連と一緒です。(M.I.)

blogram投票ボタン

気をつけよう、甘い言葉と暗い道。 いつも応援のクリック、ありがとうございます。

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アグトレに参加しよう!
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]