忍者ブログ
公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部のブログ ドイツより農業と若者の夢お届けしています
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
JAEC欧州支部
ブログ作製:
JAEC Europe
性別:
非公開
自己紹介:
ドイツのボンに事務所を構える公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部です。

本ブログはA.K.及びM.I.2名が執筆しています。今日はどちらが書いているかな?

本ブログについてはこちらを参照下さい。
バーコード
カウンター
[149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本のインターネットニュースにも話題にでていた銃乱射事件、犯人の少年含む16名の死者が出ました。被害者は教師3名、学生9名、厳戒態勢にもかかわらず逃走中に撃たれた通行人3名、犯人は警察と撃ち合いの末射殺。なんとも痛ましい事件です。

地名もでていますが、「ビンネンデン」というのはピンときません。Winnendenと書きます。「ヴィンネンデン」と読んでほしいところですがカタカナ読みだとどうしても不自然ですね。バーデン・ウュルテンベルグの州都Stuttgartから東へ約20km、電車で20分くらいの距離です。昔のお城を利用した忠犬ハチ公のような犬の逸話が残っていたり(Winnender Mops、18世紀のお話です)、州立の大きな精神病院があったり(つぶれると聞いたのですが、今もあるのでしょうか・・・)、のどかで小さな田舎町です。

何を隠そう、10年近くを過ごした町です。ニュースを見たときに思わず目を疑いました。もう住んではいないとはいえ、ショックは大きいです。事件のあったAlbertville中学校(Realschule)は通っていませんでしたが 隣設しているLessing高校(Gymnasium)で授業を受けていました。Winnendenには高校、中学が2つあり、面白いことに歩いて5分とかからない所にあります。自分の通っていた高校は道路ひとつ隔てた向かい側でしたが、学校が近所にあるせいなのか、授業提携があり、ラテン語はあちら、歴史はこちらといった具合に上級生の授業は組んであったのです。

最後にあの町を訪れたのは2005年の夏です。怪我人もたくさん出たと聞いていますが、長らく連絡を取っていない知り合いたちは無事でしょうか・・・。エアフルトの銃乱射事件から早7年、まさか、自分もよく知っているあんな小さな静かな町でこんな恐ろしい事件が起こるなんて・・・。自分の町を説明するのに「州立精神病院のあるところだよ」、Stuttgartを引き合いにだして「Stuttgartから20kmくらいだよ」と説明に苦労していました・・・。しかしこんなことで知名度上げてほしくはなかったです・・・

本当にどこにいても何が起こるかわからないものですね・・・。一日、一日を悔いの無いように過ごしたい、と改めて感じさせられました。 (M.I.)




今晩はおそらくニュースに釘付けです!応援のクリック、いつもありがとうございます。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アグトレに参加しよう!
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]