忍者ブログ
公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部のブログ ドイツより農業と若者の夢お届けしています
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
JAEC欧州支部
ブログ作製:
JAEC Europe
性別:
非公開
自己紹介:
ドイツのボンに事務所を構える公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部です。

本ブログはA.K.及びM.I.2名が執筆しています。今日はどちらが書いているかな?

本ブログについてはこちらを参照下さい。
バーコード
カウンター
[196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前々から取り沙汰された農業用燃料税の低下ですが、黒星続きの他のテーマとは違い(農薬規制問題、乳製品価格大幅下落問題など)、やっと農家側の言い分が認められ、およそ半分に下がることになりました。今現在農業機械運転に使う燃料にかかる税金は1リットルにつき40セント、(6/15現在のレートで約55円) 
これが今回連邦政府で可決された燃料税法改正により、約26セントに下がります。

対する欧州近隣諸国は、デンマーク0,3セント、フランス0.6セント、ベルギー1,8セント、オランダ7,7セント、イタリア9,2セント(いずれも農業用燃料1リットルにつき)...とどの国をとってもドイツよりはるかに下です。

「これではコストがかかりすぎ、低コストの近隣諸国とまともな競争ができない」、という農家さん側の意見が全面的に認められた形での減税処置のはずなのですが、半分減ったくらいでは全然追いついていない気がします・・・。DBVでは長期戦で他国に肩を並べるくらいまでに税金を下げようとしているようです。

ちなみに、日本の軽油取引税額は普通でも1リットルにつき32.1円、これが農業用には免税されるそうですので、ドイツは日本にも負けていることになります。

ここで、ドイツ農民連盟(DBV)が最近作ったHPをご紹介させてください。

(ドイツ語のみです)

スローガンは“Danke, jetzt reicht’s!“ (直訳:ありがとう、もう沢山だ!>意訳:もう我慢できない!) 

ここでは今農家の人が抱えている問題、その解決策についての要望、消費者へ向けてのメッセージなどが読みやすく掲載されています。

主な要望は3つです(HPではABCでごろよく纏めてありますが、和訳上変更します):

1) 売り上げの上昇と市場の活性化>酪農家の業務提携を推進、輸出払い戻しの保障、加工補助金の支払い、「擬似チーズ」など擬似食品の禁止

2) 負担と費用の減少>農業用燃料の納税額を他のヨーロッパ諸国に並んで1リットルあたり10セント以下に抑えるべき

3) 農家の財源と流動性の確保>12月31日に予定されている直接補償の支払いを7月1日に前倒し

最後の3)については、6月8日現在政府、州、銀行の間で話が進んでいて、7月1日に前倒し出来そうです。
無利子で直接補償の70%まで貸し付け、同時に4年間の低利子貸付も可能になります。

現在経済不況のあおりを受けて、ドイツの農家さん(酪農に限らず、野菜、畑作、養豚など分野問わず)の利益マイナス額は月々総額8億ユーロにも上るそうです。

経済が緩やかに回復しつつあるとは耳にしますが、その回復ぶりが一刻も早く、第一次産業である農業界にまで届くよう願っています。



農業市場の活性化と連続白星を祈願して、クリックよろしくお願いいたします。
 
********アグトレ募集中!********

来たれ、農業研修生!!

apply.png
海外で農業してみませんか?
案ずるより生むが易し!
まずは試しに資料請求からどうぞ!
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アグトレに参加しよう!
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]