忍者ブログ
公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部のブログ ドイツより農業と若者の夢お届けしています
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
JAEC欧州支部
ブログ作製:
JAEC Europe
性別:
非公開
自己紹介:
ドイツのボンに事務所を構える公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部です。

本ブログはA.K.及びM.I.2名が執筆しています。今日はどちらが書いているかな?

本ブログについてはこちらを参照下さい。
バーコード
カウンター
[93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ところでBCS(ボディコンディション・スコアリング)という評価方法をご存知でしょうか。日本で広く取り入られている方法のようですが、ドイツにも同じ方法があります。1から5までを0.25段階で刻んで評価します。
 
1: 非常に悪い (憔悴しきった牛)
2: 骨がはっきり見えている
3: 骨と肉の割合がちょうど良い
4: 肉に脂肪がやや多めについている状態
5: 太りすぎ
 
見た目ではっきりわかる牛もいるでしょうが、微妙なラインは以下の8点を
主に見ます。

     椎骨の棘突起の出具合
     椎骨の棘突起と横突起を結ぶ線の形
     横突起の出具合
     腰骨/坐骨の隆起
     腰骨と坐骨の間隔
     腰骨と腰骨の間隔
     わき腹から腰付近にかけてのくぼみ(右側)
     骨盤のくぼみ
 
このポイントの各点数を合わせて8で割り、平均成績を割り出して、上の1から5段階に振り分けるわけです。
 
ドイツでは乾乳牛には4授乳中は3.5が理想とされています。、肉牛には4の段階が適している、といわれています。あまり低すぎると、抵抗力が弱まると歓迎されません。かといって点数が高すぎると、お産のときに病気になりやすく、やはり問題です。何事もほどほどに、というよい例かと思います。
 
前述のミス・ベルギッシュランドですが、ニュースソースではどの評価方法を使ったとは書いてありませんでしたが、おそらくこのBCSが審査基準になったのだろうと思われます。
 
年齢別(お産の回数)のクラス分けがあり、総合優勝は満場一致でインディアン・デイライトでした。「健康的で、誤差のない完璧なプロポーション、張り詰めて固いくらいの乳房」が勝利の決め手でした。
Indiandaylight2007.jpgこれぞパーフェクトボディ!!
(去年のホルスタイン品評会優勝時の写真です)

彼女はすでにまだお産を経験していなかったときも部門賞を獲得、昨年は2年に1開催されている「ドイツホルスタイン品評会」で優勝しています。ちなみに彼女の父牛も優秀で、高等な牛は遺伝によるものが大きいというのも納得がいきます。各章受賞者のリストには母牛と父牛の名前が明記されています。人間より遺伝の影響が大きいことの現われなんでしょうね。
 
2009年にはオルデンブルグでまた「ドイツホルスタイン品評会」が行われます。
インディアン・デイライトの二冠達成はなるでしょうか。 本人(牛)はさておき、農場主は真剣です。(M.I.)
 
参考資料:
LZ Rheinland


 
banner_03.gifブログランキング・にほんブログ村へ
アグトレには品評会はありません。
あなただけのストーリー、海外で描いてみませんか?

 
 
 
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アグトレに参加しよう!
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]