忍者ブログ
公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部のブログ ドイツより農業と若者の夢お届けしています
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
JAEC欧州支部
ブログ作製:
JAEC Europe
性別:
非公開
自己紹介:
ドイツのボンに事務所を構える公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部です。

本ブログはA.K.及びM.I.2名が執筆しています。今日はどちらが書いているかな?

本ブログについてはこちらを参照下さい。
バーコード
カウンター
[92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週の土曜日と日曜日、5年ぶりにNRW州のライン・ベルク地方で、家畜の品評会が行われました。

乳牛のほかにも肉牛(こちらは雄牛も牝牛も品評会に出ています、3種類の牛からチャンピオンが生まれました)や、羊の品評会、少年の部(15歳以下の若い持ち主たちの品評会)、その他ふれあい動物園などイベント盛りだくさんだったのですが、書ききれなくなるので今回は乳牛に限ってレポートします。

普通は4年に1度の開催なのですが、青舌病などの影響で、牛が少なくなり、開催を1年延ばしたそうです。ミス・ベルギッシュ・ランド(メットマン、ライン・ジーク、オーバーベルグ、ライン・ベルグの4つの地方からなります)を決めるため、各農場代表の68頭の選び抜かれた牝牛がその「美」を競います。年齢別(お産の回数)に5種類の牛の単独賞がまず決まり、ついで総合優秀牛が発表されます。

・・・とはいっても人間のミス・コンテストのように着飾ったり、水着になったりするわけはなく、健康度(病気もなくしっかり餌を食べているか)、肉付き度(太りすぎたり、痩せすぎたりしていないか、骨が少し浮き出ているくらいが理想)、乳房の色艶、はり、(張り詰めて血管が浮いて見えているくらいのほうが良い、乳が絞りやすいように高い位置にあればなおよい)骨盤の位置、(正しい位置にあるか、子牛がたくさん生める広くてしっかりした骨盤であるか)、乳質など、さまざまな点から見ていき、総合点を出して格付けをするのです。爪の色艶、関節の丈夫さなども加われば完璧とのことです。

今回は牛の管理がしっかり行き届いて、甲乙つけるのが難しいほど優秀な牛たちばかりだったとか。どの農場でもやはり手塩にかけた牛たちには格別の思い入れがあるんでしょうね。ある意味、人間のミス・コンテストよりチェックが厳しいかもしれませんね。
 
審査員の一人に言わせると今年は粒ぞろいだったので個別賞をつけるのには苦労したけれども、優勝牛を選ぶのには苦労しなかったとか。「彼女は全ての牛の理想だ」とは審査員長の弁です。優勝した牛に特別よいことがあるわけではありませんが、その子孫は高額で取引されるのが確定したも同然なので優勝牛の持ち主はホクホク顔だったそうです。
 
今回はちょっと長くなるので2回に分けます。優勝の栄冠は誰の手に??
続きは次回、お楽しみに。 (M.I.)

banner_03.gif ブログランキング・にほんブログ村へ
 
応援のクリック、いつもありがとうございます。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アグトレに参加しよう!
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]