忍者ブログ
公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部のブログ ドイツより農業と若者の夢お届けしています
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
JAEC欧州支部
ブログ作製:
JAEC Europe
性別:
非公開
自己紹介:
ドイツのボンに事務所を構える公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部です。

本ブログはA.K.及びM.I.2名が執筆しています。今日はどちらが書いているかな?

本ブログについてはこちらを参照下さい。
バーコード
カウンター
[291]  [290]  [289]  [288]  [287]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282]  [281
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

風が吹くとおけ屋が儲かるそうです。

もちろん、ことわざですが、風が吹くとおけ屋がもうかる理由を調べてみました。それによれば、

①風が吹くと目に砂埃が入る
②そうすると盲人が増える
③江戸時代には目が見えない人が「耳無法一」のように弾き語りをする人が増える(当時は三味線弾きだった)
④三味線を作るのに、猫が必要。三味線のボディーは猫の皮
⑤猫が減るのでネズミが増える
⑥ネズミが増えれば桶をかじるのでおけ屋が儲かる

ということらしいです。なんともわらしべ長者的です。

今、ロシアで大干ばつが発生して、モスクワ近郊の森が多火事に見舞われて大変だというニュースを聞きますが、まさに風が吹くとおけ屋が儲かるというのでしょうか、今年のドイツの小麦の値段はかなり上昇しそうです。

その理由は、ロシアが大穀物地帯であるから。世界第3位の小麦生産国であり、世界中に穀物を輸出しています。年間100万トンを生産するところ、今年は、20パーセント減少の見込み。

今年の7月に西ヨーロッパで発生した熱波がロシア方向へスライドして、ユーラシア大陸の今の大干ばつを引き起こしているそうです。ロシアの隣国、ウクライナやカザフスタンも干ばつの影響が出ていますが、これらの国々もヨーロッパの穀物庫と呼ばれて良いところです。

自然災害がもたらす不作に、今度は投資家たちが人為的に関わってきます。
ロシアの干ばつを見越して投資家たちが先物取引を行い、市場での穀物価を引き上げてしまっているというのです。

干ばつの被害状況はまだはっきりしませんが、専門家の間では、深刻な事態にはならないだろうという期待感があるようです。

しかし、穀物の値段が上がれば、小麦粉や家畜飼料への影響も懸念されてきます。小麦粉や乳製品への影響が出てくれば、お菓子など小麦を使う食品の値段に響くかもしれません。そして、最終的には消費者にも被害が及び、日本から遠い国で起こった事件が、思わぬところで私たちに衝撃を与えるかもしれません。

だから、ウォッカを舐めると製菓会社の社長の冷や汗の味がする、なんてタイトルつけました(A.K.)


blogram投票ボタン

ランキング参加中です。応援クリックありがとうございます。
 

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アグトレに参加しよう!
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]