忍者ブログ
公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部のブログ ドイツより農業と若者の夢お届けしています
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
JAEC欧州支部
ブログ作製:
JAEC Europe
性別:
非公開
自己紹介:
ドイツのボンに事務所を構える公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部です。

本ブログはA.K.及びM.I.2名が執筆しています。今日はどちらが書いているかな?

本ブログについてはこちらを参照下さい。
バーコード
カウンター
[71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

農業雑誌LZにここ2,3年の間に、違法に大麻を栽培しているケースが増えていると、ノルトライン・ウェストファーレン州の警察から発表があったという記事が載っていました。最近人気の手口はドイツの農家さんも脅かすものです。
 
どういうことかといいますと、犯人(グループ)は成長中のとうもろこしを抜き取り、そこに自分たちの大麻の苗を植え付ける。大きな畑に対して部分的な抜き取りなので、農家さんはいざ収穫になる時点まで大抵気づかないままです。
 
大麻はとうもろこしよりも早く育つので、犯人(グループ)は、とうもろこしがある程度育った8月の初めごろに大麻の苗を植えつけに来ます。天候条件次第では苗の植え付け以降これといった世話も必要なく、8-10週間後には2mの高さまで成長します。本当はもっと大きくなるのですが、この状態ですでに幻覚、多幸作用のあるテトラヒドロカンナビノール (Tetrahydrocannabinol; THC, Δ9-THC)が
生成されており、闇市場に売られます。とうもろこしの収穫が始まる前に自分たちの大麻を引き抜いて証拠隠滅を図っているようです。
 
それにしてもなぜわざわざトウモロコシ畑で「カッコウ作戦」(他所の鳥の巣に卵を産んで育ててもらうカッコウのごとく他所の畑に植え付けて大きくしてもらうなのでしょうか?それには下記の状況が関係しているようです。
1、とうもろこしと大麻の環境-あるいは栄養条件がほぼ同じ。
2、とうもろこしは背が高くなるのでカッコウの目くらましになる。
 
しかしこの「カッコウ作戦」、とうもろこし農家さんの収穫量に影響するのはもちろんですが、他にも早期収穫を妨害しようと目立たないように銅パイプを畑のすみに立てたり、とうもろこしにガラス瓶を引っ掛けて置いたりして収穫機を故障させたりという手荒なこともやっているようです。(人の畑を荒らしている時点で十分手荒ですが)うちは大丈夫だろうと大きく構えている農家さんに限って狙われやすいようです。
 
州警察によると、最近はオランダ-ドイツ国境付近のトウモロコシ畑の「汚染」が著しいとか。
ヘリコプターを使った空からの探索に加えて各農家さんにまめに畑をチェックするよう協力を呼びかけています。

34_08_Cannabis_Mais-Pflanzen2.jpg
 







上からなら すぐ分かりますね。濃い緑が大麻です。

 
せっかくの作物を荒らした上に、青少年に特に有害な大麻を植え付け、自分は丸儲け。ドイツだけではなく、お隣のオーストリアも似たような状況だそうです。
ますます増長する犯罪グループを相手に州警察のパトロールは今日も続きます。

(MI)
 
参考資料 http://www.lz-rheinland.de/


banner_03.gif ブログランキング・にほんブログ村へ
 
トウモロコシ畑にとうもろこし以外のものなど要りません。クリックよろしくお願いします。
 
 
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アグトレに参加しよう!
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]