忍者ブログ
公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部のブログ ドイツより農業と若者の夢お届けしています
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
JAEC欧州支部
ブログ作製:
JAEC Europe
性別:
非公開
自己紹介:
ドイツのボンに事務所を構える公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部です。

本ブログはA.K.及びM.I.2名が執筆しています。今日はどちらが書いているかな?

本ブログについてはこちらを参照下さい。
バーコード
カウンター
[65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ボン大学の有機化学研究所であるKekulé-Institut für Organische Chemie und Biochemieの前には、ボン大学の教授であり、有機化学の権威だったアウグスト=ケクレ(1829 - 1896)の像が立っています。
ボン大学からはたくさんの偉人が誕生していますが、彼もその中の1人。
この人は、炭素の原子価が4である事や、芳香族化合物が六角形の構造を持つと提唱したそうです。


卒業のシーズンになると、この研究所の前で学生達がセレモニーをしたり記念写真を撮ったりするのですが、偉大なるケクレ氏もマントを羽織らされたり、2月頃のカーニバルになると、鼻に赤井スポンジをつけられたりと大忙しです。


毎朝通勤で彼の目の前を自転車で通るので気にはなっていたのですが、最近彼はジュースやビールの空瓶を持たされていました。
毎回持っているものが変わると言う事は誰かが交換しているという事になります。

「まったく稚拙ないたずらだな…」



そして現在の彼の様子です。

kekule.jpg

カボチャかぶっちゃってます。

カボチャの季節にはまだ早い気がしますが、ヘルメットのようなカボチャがケクレの頭にジャストフィット。

ちょっと前まで日本人がイタリアの文化遺産に落書きをしたとかで大問題になっていたのですが、こちらはどうなんでしょうか?

ちなみに、今回は新聞記事をネタにしないで書こうと思ったら、偶然にもGeneral Anzeigreでも取り上げていました。

ケクレがベンゼン冠(六角形の構造)を思いついたのは夢で蛇が自分の尻尾を飲み込んで丸くなっているイメージを見たためらしいのですが、まさか、現代において奇抜なファッションショーの主人公になるとは夢にも思わなかったでしょうね!



banner_03.gif ブログランキング・にほんブログ村へ
冗談みたいな記事ですみません。
でもクリックしてもらえたら嬉しいです。


PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アグトレに参加しよう!
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]