忍者ブログ
公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部のブログ ドイツより農業と若者の夢お届けしています
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
JAEC欧州支部
ブログ作製:
JAEC Europe
性別:
非公開
自己紹介:
ドイツのボンに事務所を構える公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部です。

本ブログはA.K.及びM.I.2名が執筆しています。今日はどちらが書いているかな?

本ブログについてはこちらを参照下さい。
バーコード
カウンター
[31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ここのところ、ボンは大変いい天気です。何人かの研修生と話をしていますが、どこもいい天気のようです。

さて、私達の事務所があるボン南部は、六十数年前、第二次世界大戦時のボン空爆を逃れた素晴らしい街並みが自慢の、ボンに住むならば誰もが一度は住んでみたいと思う(らしい)地区にあります。

sudstadt.jpg














この地区は確かに美しく、いかにもヨーロッパらしい街並みが残っています。その代わり、街並みを壊さないように昔ながらの道幅で細かったり、駐車場がなかった りと、生活するにはちょっと不便なこともあったりしますが、道という道に街路樹が植えられ、今の時期はちょうどセイヨウトチノキが赤や白の円錐状の花々を 咲かせて大変美しいです。


そして、事務所の前の道がずーっと下水道工事をしています。

deckung.jpg














この道は、普段ならボンの西側へ抜ける為の近道であり、自動車が結構行き来している通りなのですが、もうかれこれ1年間全面通行止め状態。
いい加減にしてほしいと思うのですが、どうしようもないですね。

それで、この写真を見ていただくと、街路樹に木板が巻きつけられています。
工事を始めた当初はこんなものはありませんでした。つい2ヶ月ほど前に突然巻きつけられました。

何となく想像もつくかと思いますが、木を傷めないようにカバーを掛けているのです。木板の内側にはご丁寧に廃材の極太ホースも撒きついており、これならば大きなトレーラーとかダンプカーとかぶつかっても傷つかないでしょうね。

このカバーを取り付けたのは下水工事をしている作業員の方々ですが、知人が彼らに何をしているのか聞いたところ、いかにも苦々しそうに、
「どっかの野郎が緑の党に連絡したんだ。それでこんなものをつけなくちゃいけなくなった。でも、今までの半年以上街路樹を傷つけた事ないんだよ・・・」
と言っていたそうです。

緑の党とはドイツの政党で、主に環境保護、核エネルギー反対などのポリシーを掲げています。ですから、この工事現場を見た住民の誰かが政治家に連絡し、当局から行政指導を行ったものと思われます。

しかしながら、作業員のおじさんたちの意見もごもっともで、何よりも、ここ最近は重機もあまり使っておらず、実際に街路樹を傷つけそうになる事もあまりなさそうです。
それこそナンセンスな仕事が増えた感じです。

知人が全く合理的な意見を言っていました。
「もしパワーショベルがぶつかっちゃったら木そのものが折れちゃうんだからこんなカバーしてたって無駄よねぇ。」

環境先進国
ドイツ

我が事務所の前の道でも下水工事による周辺環境の悪化(不便)と環境保護とがせめぎあっています。


皆さん、よい週末を!そして応援のクリックを!

banner_03.gif
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アグトレに参加しよう!
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]