忍者ブログ
公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部のブログ ドイツより農業と若者の夢お届けしています
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
JAEC欧州支部
ブログ作製:
JAEC Europe
性別:
非公開
自己紹介:
ドイツのボンに事務所を構える公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部です。

本ブログはA.K.及びM.I.2名が執筆しています。今日はどちらが書いているかな?

本ブログについてはこちらを参照下さい。
バーコード
カウンター
[50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日取り上げたSpargel(アスパラガス)のシーズンも6月末で終わり、入れ替わりに旬になるのはさくらんぼです。そのさくらんぼとアスパラガスの間に旬になるのが甘酸っぱいイチゴです。日本のように粒ぞろい、とは行きませんが、大きさがまちまちのイチゴを見るのも楽しいものです。

今年のラインラント地域のイチゴのできは上々で、甘さも量も十分なものができたようです。多くのイチゴ農家さんがそれでも不満げに首を振るのにはわけがあります。というのは、収穫期の大事な働き手である東欧、それも勤勉なポーランドからの季節労働者が圧倒的に不足していて、収穫が満足にできない事態に陥っているためです。

人手不足が原因で畑には収穫し切れなかったイチゴがあちこちで残されていたようです。


最近創刊175周年を迎えた地域農業情報誌LZの取材によると、季節労働者として重宝がられていたポーランドからの労働者は、自国の景気が最近かなり良くなっており、わざわざ外貨を稼がなくても良いようです。

かわりに国内やルーマニアからなどの労働者を呼んでも、3分の1が断りもなく仕事場に現れなかったり、3日もしないうちにやめていったり。なんとか労働者を確保しようと農家さんたちもあの手この手で引き止め作戦に入ります。

時給をあげる、というのがスタンダードですが、本当は別払いの昼食を農場側がもつ、というのも労働者側にとっては魅力的な条件のようです。どちらも農場側の負担になるのですが、背に腹は変えられない、といったところでしょうか。政府側の対応としては、少しでも外国から来る季節労働者にドイツで働く魅力を感じてもらおうと、今まで3ヶ月かかっていたビザの手続きを簡略化したり、滞在期間を4ヶ月まで延長できるようにしたりといろいろ工夫しているようです。 


最近期待がかかっているのはまだまだ自国の経済が安定していないモルドバ共和国、ウクライナ、ベラルーシなどからの労働希望者ですが、まだ国同士の仲介の段階で、残念ながら今年は実現には至らないようです。


年々集めにくくなっていく季節労働者を見越して、3年前に90ヘクタールあったイチゴ畑を50ヘクタールまで減らしたりして、何とか少人数でやっていこうとしている農家さんや、機械化で人手不足を補おうと最新の包装機械を購入したりする農家さんもいるようです。


そろそろ季節外れのイチゴが未だ店頭に並ぶのを見ながら、このまま収穫期に人手が足りないと、そのうち気楽にイチゴが食べられなくなるのかなぁと自然と酸っぱい顔になるのでした。(MI)

参照HP:http://www.lz-rheinland.de/

 

 

banner_03.gif
ブログランキング参加中です。応援のクリック、お願いいたします!


ブログランキング・にほんブログ村へ
こちらのランキングにも参加しています。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アグトレに参加しよう!
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]