忍者ブログ
公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部のブログ ドイツより農業と若者の夢お届けしています
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
JAEC欧州支部
ブログ作製:
JAEC Europe
性別:
非公開
自己紹介:
ドイツのボンに事務所を構える公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部です。

本ブログはA.K.及びM.I.2名が執筆しています。今日はどちらが書いているかな?

本ブログについてはこちらを参照下さい。
バーコード
カウンター
[105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

来年度ヨーロッパに渡航してくる予定の研修生達は、先週末まで茨城県の日本農業実践学園にて事前研修を行ったのですが、この研修というのが生半可なセミナーではないのです。

朝から晩まで語学を勉強したり、仲間と自分の将来やなぜ海外研修に参加しようと思ったのか話し合ったあり、意見交換したりするのが主だった目的ですが、研修生たちの研修意欲と社会性を引き出す効果も狙っています。

参加した人ならば分かるのですが、このセミナーでは、ただ海外研修に行くということを目的とするのではなく、将来日本の農業を担う(未来を担う)若者に思いを届けたいのです。

正直なところ、厳しいことを言われたり規則正しい生活を強いられるわけで、一般的な若者ならばきっとここまでちゃんとした日常を過ごしている人はいないのではないでしょうか。

  • 朝5時半に起床
  • 朝6時から運動
  • 7時朝食
  • 8時掃除
  • 9時から12時までプログラム
  • 12時昼食
  • 13時から17時までプログラム
  • 17時夕食
  • 18時から21時までプログラム
  • 以降自由時間

こういった規則正しい生活と折り目がそれぞれ個人の努力によって保たれる事を再認識する機会となります。
しかし、今回私が参加して特記したいと思ったことは別にあります。

それは、プログラムの終了する時刻に全員で起立し、故郷正体(こきょうせいたい)の号令でそれぞれの家族がいる方を向いて黙祷するという儀式でした。

海外に暮らすということは故郷を遠く臨むということです。

物理的にどうしようもありません。

このような状況におかれて初めて時間と空間の理不尽さを思うことがあるのです。
この故郷正体は、そんなどうしようもない私達を慰め、そして遠く見えないながらもいつも支えてくれる家族に対して無条件の感謝の祈りを込めるものです。

なんて、尊い、なんて美しい祈りの姿かと思いました。

遠くに暮らしていると初詣も墓参りもできないけれど、大切な人を思って祈る事ってできるんですよね。
その事に気付かせてくれました。(A.K.)

banner_03.gifブログランキング・にほんブログ村へ
ヨーロッパから東を臨み故郷正体。
今日の平和を家族に感謝。

そして、あなたのクリックにも感謝。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アグトレに参加しよう!
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]