忍者ブログ
公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部のブログ ドイツより農業と若者の夢お届けしています
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
JAEC欧州支部
ブログ作製:
JAEC Europe
性別:
非公開
自己紹介:
ドイツのボンに事務所を構える公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部です。

本ブログはA.K.及びM.I.2名が執筆しています。今日はどちらが書いているかな?

本ブログについてはこちらを参照下さい。
バーコード
カウンター
[229]  [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日に日に明るい時間が短くなり、緑だった葉も少しずつ色づいて、冷たく感じるようになった風とともに秋の気配が色濃くなっていますね。

お昼休みに外に出まして、近所のGymnasium(5年生から13年生までが通う学校)の前を通りましたら、面白い光景に出くわしました。学校の裏庭のようなところに実験用の畑があり、いろいろな草花が生えているのですが、そこでは夏が美味しいトマトが赤く色づき、秋が旬のほおずきが見事に丸く実り、何故かその横で春が盛りのクロッカスがいっぺんに咲いています?!

7fa79f4c.jpeg 後ろで色づいているのはほおずきです。


9f3c4383.jpeg アップでも撮りましたのでごらんください。



事務所に戻って調べて見ますと、クロッカスはクロッカスでもこちら秋に咲くクロッカス属「サフラン」だったようです。wikipedia
春に咲くクロッカスとは違い、こちらは花は薄紫の一種類のみ。それ以外は形も大きさも同じように見受けられます。

しかし、サフランといえばあの赤い紐みたいな部分と、それを調理した黄色いご飯、いわゆる「サフランライス」くらいしか馴染みがなく、花が咲いている状態で見たことがなかったので、どこで間違って今時春の花が咲いたのかとかなり不思議な出来事でした。

「クロッカス属」というからには、春に咲く色とりどりのクロッカスからも、「サフラン」が取れるのでしょうか??でも大量に咲くクロッカスからも普通に取れるくらいなら希少価値は薄れて値段も安くなるでしょうし、多分無理なんでしょうね・・・。 ティースプーン1杯以上のサフランをとれば、最悪の場合死に至ることもあるようです。

情報リンク最も、普段料理に使う人でも使う量は耳掻き1、2杯程度、そうそうそんなにたくさんのサフランをまとめて食べる人もいないとは思いますが・・・。

命あってのものだねといいますし、あんまり危険なこともやらないほうがよさそうですね・・・。
春に咲いても秋に咲いても、花が可憐なことに変わりはありませんが・・・。



blogram投票ボタン 

いつも応援のクリック、ありがとうございます。

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アグトレに参加しよう!
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]