忍者ブログ
公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部のブログ ドイツより農業と若者の夢お届けしています
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
JAEC欧州支部
ブログ作製:
JAEC Europe
性別:
非公開
自己紹介:
ドイツのボンに事務所を構える公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部です。

本ブログはA.K.及びM.I.2名が執筆しています。今日はどちらが書いているかな?

本ブログについてはこちらを参照下さい。
バーコード
カウンター
[228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日のお昼はドイツ組がお世話になったDBVの職員さんとご一緒しました。事務所が近所にある割には滅多に会わないのですが、今日はたまたま双方の都合が合いました。

お昼を食べながら先週の夏季セミナーの話になり、かなり詳しく語ってくださいました。日本人研修生のことを「明るくて素直で積極的で好奇心旺盛でユーモアがあって本当に最高だ」とセミナー中のエピソードを例にとって手放しで褒めてくださいました。日本人というのは「和をもって尊しとなす」人種ですから、団体行動にはおあつらえ向きですね。

逆に、「自分の国が一番だから研修国の文化は興味ないと思ったり、その国の言葉は英語ができるから覚えなくてもいいと思っている研修生はちょっと指導に困る」とおっしゃっていました。

さらに「せっかく言葉が上手で、知識も豊富でもそれを辺りかまわず全面に押し出そうとする子も場の和を乱して困る」ともおっしゃっていました。これはどこの国の子に対しても言えますよね。前者のようにせっかく外国に来ているのに、その国の悪いとこばかり目に付いたり、自国と比較してその違いを文化の差ではなく、「劣っている」と感じたり。職員さんではないですが、「何しにわざわざ外国まで来たんだろう」という気になりますよね?何かその国に惹かれるもの、興味があったから来たはずなのですが。

チームワークという点では後者のほうが少々厄介です。本人に悪気はなく、自分が和を乱している自覚もない。自分が正しいと確信しているからこそできる強気の態度で、正論をどう崩してあげられるかが鍵になります。件の職員さんの場合は前半は我慢して、後半で諌めたようです。もっとも今回の子は言ってもらえてラッキーだったと思います。言ってもらえずに煙たがられて最後に完全に孤立する場合もありますから。

前のログに「能ある鷹は爪を隠す」とありますが、ドイツにも「静かな水ほど深い(Stille Wasser sind tief)」ということわざがあります。自己表現も大事ですが、なにごとも程々が大事なんですね。(M.I.)



blogram投票ボタン 
いつも応援のクリック、ありがとうございます。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アグトレに参加しよう!
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]