忍者ブログ
公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部のブログ ドイツより農業と若者の夢お届けしています
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
JAEC欧州支部
ブログ作製:
JAEC Europe
性別:
非公開
自己紹介:
ドイツのボンに事務所を構える公益社団法人国際農業者交流協会欧州支部です。

本ブログはA.K.及びM.I.2名が執筆しています。今日はどちらが書いているかな?

本ブログについてはこちらを参照下さい。
バーコード
カウンター
[219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [210]  [209
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

農水省は日スイス経済連携協定(EPA)に基づく今年度の農業関連の関税割当を公表しました。

スイスとのEPAは2005年から温められてきた経済条約で、今年2月19日に合意していました。欧州先進国との間ではじめて結ばれたEPAとして注目されていますが、今後EUとのEPA合意を目指す上では大切なモデルとなり得る例です。

それで、このEPAにしたがって農林水産物も関税がかからなくなるそうです。
14日段階で農水省が発表した関税割当は以下の5品目でした。
・ナチュラルチーズ
・砂糖菓子
・無糖ココア調製品
・チョコレート菓子
・チーズフォンデュ

但し、数量制限があって、それを上回る場合は一般の関税率で扱われるという事です。関税がかからなくなるといいながら、数量制限はあるのだなあ・・・?

正直なところ、よく分からない分野の事なので大したことは言えませんが、一つ言えるのは

日本に以前よりたくさんスイスクオリティーの食べ物が入ってくる

ということでしょうか!

ちょっと面白いと思ったのですが、砂糖菓子とチョコレート菓子、チョコレート菓子と無糖ココア調製品、ナチュラルチーズとチーズフォンデュは別扱いなのですね。ココアが入っているか、砂糖が入っているか、チーズがナチュラルかどうかとか、そういう分類になるのでしょうか。

だとしたら、チーズとココアと砂糖が一緒になった食べ物の輸入はどうなるのだろう?
(そんな食べ物思いつきませんが…)

スイス旅行のお土産を考えるのが益々難しくなりそうですね。(A.K.)

参照:
日本スイスEPAの概要(経済産業省)

blogram投票ボタン

週末驚きのアクセス数でした!でもランキング順位は停滞中。
あなたのクリックが必要です。お願いします。

********アグトレ募集中!********

スイス農業研修もありますよ!
apply.png

まずは試しに資料請求からどうぞ!

PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アグトレに参加しよう!
ブログ内検索
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]